子宮筋腫と診断された時

子宮筋腫と言う病気はイメージ的に怖い様な感じをお持ちの方も多いと思いますが、子宮筋腫と診断を受ける方も世の中の人が考えるよりもはるかに多いと思います。

この病気は一般的な健康診断で見つかるということではありません。

何か異常を感じるなどの変化で診察を受けてから初めて分かるという方がほとんどだと思います。

妊娠と同時に診断を受けるという方も少なからずいらっしゃいます。

なかなか婦人科の病院へ行くということは多いことではないと思います。

私もそうですが、婦人科の病院へ行った経験は、妊娠の時の他は、1度のみです。

妊娠が分かって、通院中に一度、子宮筋腫が疑わしいという診断を受けましたが、そのまま無事に出産でき、他の治療は何もしていません。

子宮筋腫自体は、良性の腫瘍になるので、診断されて今すぐにどうにかしなければということではなく、体に異常事態が起きていなければ経過観察ということが多いと思います。

私も最初、診断された時は若干ショックを受けましたが、恐れず、知識をつけることが重要です。

健康診断でオプション検査をつけていますか?

自分は大丈夫だと過信している人や、病気だと診断されるのが怖いという方はなかなかオプション検査を追加でつけることが無いのではないでしょうか?

私自身、会社員時代には自分自身がガン家系ということもあり、乳がん検診と子宮がん検診を追加していました。

子宮筋腫は世の中の30歳以上の女性で25パーセント位が持っているといわれる良性の腫瘍です。

良性だからと言って100パーセント大丈夫ということではありません。

体の変化で気づくことができるならば良いのですが、何の病気でも体の変化で気づく時は遅い事もありますよね。

女性ならではの病気も多くあります。

子宮筋腫もその一つです。

病気に対する知識をつけると、健康診断で見つかる方法を選ぶことができるかもしれません。

こちらのサイトで子宮筋腫のことがわかります。

子宮筋腫のQ&Aをチェック

健康診断で診断されるということは、早く発見できるということにもつながります。

早めの対策が良い結果を生むのではないかと思います。