子宮筋腫の予防法はありますか?

子宮筋腫自体を作らせないためにという予防法ははっきり言ってないようです。

40代以上の女性になると、ごく小さな筋腫まで含めると、筋腫が無い人の方が少ないかもしれないということですので、防げないものなのかも知れません。

ですが、調べていると、出来てしまった子宮筋腫を大きくしないためにと言うことでは、いろいろと対策があるようです。

一番多く言われているのが、食生活です。

女性ホルモンのエストロゲンと言うものを体の外へ排除する働きのある食べ物を摂取すること、体内の血の循環を良くする食べ物、貧血に良い食べ物を摂取することを勧められています。

ストレスを溜めないことも必要です。

これは他の病気にも当てはまりそうですね。

他には漢方薬を勧めているサイトもありました。

漢方薬は医師と相談して使用する必要はありますが、多くの人が利用しているという実績もあるようですね。

子宮筋腫と診断されたら、経過観察の場合でも筋腫を大きくしないような生活をして、定期的に検査を受けてくださいね。

子宮筋腫ができないような予防法があるのだろうかと調べてみましたが、なり易い状況と考えられていることは記載されているサイトはありましたが、現在の医学では原因は分かっていないので、予防法も無いのが現状のようです。

出来た場合の対処法として、筋腫を大きくさせないようにする方法として紹介されているものはありました。

子宮筋腫は知らない間に1キロや2キロの大きさにまでなるようなこともあるとのことなので、子宮筋腫と診断された場合で、治療に急を要する場合でない経過観察でも、経過観察を怠ってはいけないということです。

検査を受けると言うことも悪化を予防するために必要です。

現代は、予防医学も進んでいる時代ですが、予防医学では生活習慣の改善と、健康診断を定期的に受けることの重要さを言われています。

子宮筋腫を見つけるためには、オプション検査ということになるかもしれませんが、早期発見は病気を早期治療し、悪化を防ぎ、進行させることを予防するということが最善の策なのではなかと思います。